医療脱毛探し隊!レーザー脱毛は体になんらかの影響がありますか?

レーザー脱毛をこれから受けたいという方にとっては、不安に思うことって結構あったりもしますよね。その中のひとつに、レーザー脱毛が体になんらかの影響があるのではないかという不安があるかと思います。

レーザーという特殊な光を体にあてていき、毛母細胞に働きかけるわけですから、皮膚がんになるのではないかなど体への影響を考えてしまうのもおかしくはありません。

まず皮膚がんについてですが、皮膚がんの原因となるものは紫外線と言われていて、レーザー脱毛に使うものはどちらかと言うと赤外線に近いものですのでまず心配はいらないかと思います。

それから体への影響ですが、レーザー脱毛の光は皮膚の表面から3ミリ~4ミリあたりの場所までしか届くことがありません。内蔵や血液、骨などには一切届きませんので、こちらも影響はないと思って大丈夫そうですね。

よく妊娠している方は脱毛を受けることが出来ないと言われますが、これも胎児にまでレーザーの光が届くからではなく、妊婦さんへの精神的な負担を考えたうえで脱毛をお断りしているクリニックが多いんだそうです。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛ではフラッシュ脱毛の方が痛くない

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛で違う点はいろいろあります。たとえば脱毛時の痛みです。医療レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛よりも痛みが強いといわれています。

なぜなら医療レーザーは、フラッシュ脱毛よりも照射量が大きいからです。フラッシュ脱毛は、エステサロン等でも使える脱毛方式の為、光の照射量に制限があります。しかし医療レーザーは医療機関のみで行える医療行為の為、フラッシュ脱毛よりもたくさんの照射量で脱毛をすることが出来るのです。

また、一度に広範囲で照射できるフラッシュ脱毛と違い、医療レーザー脱毛は一度に照射できる範囲が限られています。そのため、痛みが強く、照射をする回数も多いでしょう。そう考えると、フラッシュ脱毛の方が痛みが少ない脱毛といえます。

さらに、フラッシュ脱毛は照射範囲が広いので全身脱毛(全身脱毛京都ZK00)に非常に向いている脱毛方法で時間も短縮できます。しかし、レーザー脱毛は照射範囲が狭いので全身脱毛をするのに時間がかかってしまうというデメリットがあります。

また、フラッシュ脱毛は技術がどんどん進化しており、極力痛みの少ない脱毛方式になってきています。照射前にジェルを塗り痛みを緩和したり、前後の冷却も欠かしません。

痛いと感じたら照射量を減らすことが出来るのもフラッシュ脱毛のメリットです。痛みが不安という人にはフラッシュ脱毛をおすすめします。